about

1916年に、エドワード・ジョンストン(Edward Johnston)は、
ロンドン交通局のために、書体ジョンストン・サンズ(Johnston Sans)をデザインした。

チューブ・マークで有名な地下鉄やバス、
駅名やポスターなどのパブリック・タイプフェースとして、
制定書体を開発するという先駆的な功績を残し、長い間、ロンドン市民に親しまれている。

有名なヘルベチカ(Helvetica)やフーツラ(Futura)、ユニバース(Univers)といった、
現在の英文書体の流れの原型となった美しいサンセリフ書体。

サンセリフ(仏: Sans-Serif)

サン(sans)とは、フランス語で「〜なし」という意味、
セリフとは、文字の線の端につけられる線や飾りで、「うろこ」、「ひげ」とも呼ばれおり、
このセリフのついた活字書体(セリフ体)と区別するために、セリフのない書体に付けられた名称。

バスロールサインには、ジョンストン・サンズをはじめ、
ヘルベチカなどの代表的なサンセリフ書体が使われ、
1950〜70年代はリネン、80年代にはTyvek(タイベック)などの素材に、
シルクスクリーンで刷られた。

機能美によるバスロールサインのタイポグラフィをカットし、
高品質の国産帆布と縫い合わせて仕上げたトートバッグ

「 Sans-Serif 」

偉大なるタイポグラファーたちに、敬愛の意を込めて



CONCEPT

ロンドンの2階建バスで行き先案内用サインとして使用されていたロールサイン。その長く拡げたときの文字群はとても美しく、その趣に魅了され本国イギリスのコレクターから直接買い付けて、当時自分のスペースに飾っていました。

そこでわかったのが年代によって使用された生地の材質が異なること、さらにロンドン以外の各都市のバスで使用されたロールサインの印刷色や使用書体のバリエーションあって楽しめることです。

例えば1950〜60年代はリネン生地、1960〜70年代はリネンキャンバス地、80年代に入るとタイベック地が使用されるなど。各都市のロールサインでは、ポーツマスではグリーン地に白文字、グラスゴーはブルー地に黄色文字など、ロンドンの白黒に比べるとPOPな印象に感じます。

そして、製品の素材として使用している80年代のタイベックは、デュポン社が開発した軽量で強度のある高密度ポリエチレン素材の不織布で、紙のようなハリとシワ感のある風合いがおもしろく「この素材で一点物の鞄を作りたい」という思いからスタートしました。

自分たちで試作を重ねているときに、京都大原の鞄工房との出逢いにより製品化の夢が具現化し、製作の打ち合わせでは思いを伝え1つずつ手作業で丁寧に縫い上げてもらっています。

安心して長く使える鞄として最良の製法を選んでいます。普段使いはもちろんのこと、入手困難な素材を使用していますので、コレクターアイテムとしても楽しんでいただけます。

皆さまにサンセリフバッグをお使いいただくことで、日常が少しでも豊かな気持ちになれたり、自分だけの新しいスタイルになることを願っています。

SANS-SERIF 代表 藤川和也

〒612-0888
京都市伏見区深草大門町16-6
TEL. 075-644-6103
MAIL. info@flotation.jp


【 バスロールサイン 】バスの先頭の回転して行き先が変わる、案内表示用として使用されていたロールペーパー。1960〜70年代はリネン製が使用されていましたが、80年代に入るとデュポン社が開発した、Tyvek®製が使用されました。軽量でありながら強度のある高密度ポリエチレン素材の不織布です。主に建築資材や化学防護服などにも利用されています。

【 高島帆布 】琵琶湖の北西部に位置する、滋賀県・高島は、琵琶湖の豊富な水、肥大な大地、適度な湿度、が備わった歴史ある織物産地で、年間を通じて湿度が高い気候は糸を強くします。高島帆布は船の帆だけではなく、鉄道貨物のシート、道具袋など、明治時代から産業資材として用いられ、厳しいJIS規格に準じて生産されました。今もなお確かな製法が継承されているのが高島帆布の魅力です。

※デュポンTM、タイベック® は米国デュポン社の商標あるいは登録商標です。


【 Illustration 】茶薗 大暉 Chazono Daiki
1994年 大阪府吹田市出身 

2014年より障がい者生活介護事業所アトリエライプハウス(東大阪市)を主として制作活動を行っている。幼少の頃から浮世絵や仏像、文楽、歌舞伎に興味を持ち主なモチーフとしていたが、現在はモード系ファッションに関心を寄せ、モデルがランウェイでウォーキングする姿を描く。
茶園大暉が描く画風は、人々を魅了するすばらしい表現力があり、アート、アパレル業界など、各界から注目されている。



Roughly cut and beautiful, a modern set of letters, outlined characters on a black background,
upper and lower case, narrow and wide, arranged in an orderly way.

When I first saw that tapestry, I was wondering what it was used for?..
It wasn’t a set of letters with a deliberate layout, but a necessary composition made out of a need for some functionality...
Together with that, I still have memories of being drawn by its charm.

Later when I researched I found out that it was a roll sign used for indicating destinations
on London’s double-decker buses which are iconic for England.

In 1916 Edward Johnston designed the typeface called Johnston Sans
for the London transport authorities.

He was the forerunner who made an achievement of developing an official font,
the public typeface for the Underground with its famous “Tube mark”, buses, signs with station names and posters,
the set of typographic letters which has been so liked by Londoners for a long time now.

It is a beautiful sans serif font which became the prototype for the modern English fonts
such as the famous Helvetica, Futura and Univers.

Sans serif (from French)

Sans means “without” in French, serifs are small lines or decorations at the end of a stroke in a letter,
which are also called “scales” or “mustaches”. To differentiate from printing typefaces with those serifs (serifed typefaces),
the typefaces without the serifs are named in such way.

In bus destination blinds not only Johnston Sans, but other representative sans serif typefaces such as Akzidenz Grotesk
and Helvetica are used, and from the 1950s till the 1970s they were silk-screen printed on linen,
in the 1980s - on such materials as Tyvek®.

We cut out parts of functionally beautiful bus destination blinds with typographic designs on them
and sew them together with high-quality Japanese-made canvas to make our tote bags.

Sans-Serif

With a feeling of respect and affection to the great typographers



Vintage Bus Signage + Takashima Canvas
One-of-a-kind bags designed and crafted in Kyoto.

We incorporate vintage Tyvek bus signage into each of our bags, so each design is truly unique.
Tyvek is a durable material with a paper-like texture that stretches and creases and forms an integral part of each bag's design.  We hope our customers will also appreciate this material which has its history on the streets of London.
Sans-Serif is also distinct in our use of high-quality, Japanese-made Takashima canvas, a textile with a storied history dating back to the Meiji era.To increase strength and provide additional protection, the handles, bottom, and insides of the bags incorporate high-quality leather.
Our bags are handcrafted stitch-by-stitch by Kyoto bag atelier Kyohoushi, and our goal is to offer fully Japanese-made products in which we continue to pay careful attention to every detail, from design to strength to durability.
Because our products incorporate vintage bus signage, creases, wear, and discoloration from past usage can be visible.  We hope that youshare our belief that these traits only add to the beauty of the finished product.

【 Bus Signage 】 Tyvek, a lightweight and durable high-density polyethylene material developed by DuPont, is often used to protect buildings during construction and in protective coveralls.

【 Takashima Canvas 】Takashima is a historically-important textile production area bordering Lake Biwa with a stable year-round humid climate that ensures strong thread quality.  Takashima canvas has been used since the Meiji era as an industrial material for sails, railway cargo coverings, tool bags, etc. and is still produced today using long-established manufacturing methods.

  • Home
  • About
  • Blog