• shopping cart

Blog

2021/06/05 01:08

京阪百貨店守口にてPOPUP開催いたします!

『KEEP ON USING !!』〈高蔵染〉アパレルアイテム〈アレトコレココ〉アクセサリー・インテリア〈SANS-SERIF〉バッグ・ステーショナリー3ブランドが展開する期間限定のショップ。6月10日(木)→16日(水) 10:00 → 19:...

2021/05/14 17:19

営業日のお知らせ

いつもSANS-SERIF オンラインストアをご覧いただき、ありがとうございます。お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

2021/03/08 21:11

京都高島屋 POPUP

京都高島屋POPUP開催中です!4月20日(火)までお近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいDATE:4月20日(火)TIME:10:00 - 20:00

2021/02/27 16:35

2021 new product  産学公プロジェクト プロダクト3タイプ 先行予約販売開始!

2021 new productIndustry-academia-government collaborationSANS-SERIF × 京都精華大学 京都府 産学公プロジェクト 新たなスタイルのアイテムが誕生しました。ロンドンバスで実際に使用された行き先案内の...

2021/02/07 03:20

本日休業のお知らせ

誠に勝手ながら、本日は臨時休業とさせていただきます。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。またのご来店心よりお待ちしております。 店主

2021/02/04 11:05

臨時休業・1日延長のお知らせ

急ではございますが、本日1日臨時休業を延長させて頂きます。ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。***最近は別案件のデザインワークに奮闘しつつ、諸々が重なり多忙な毎日でした。資...

2021/01/25 13:56

バケツトートの新ライン「tvk-tote」(仮称) リリース

NEWアイテム「tvk-tote」(仮称)をリリースしました。現行のBucket Toteの新ライン、重さ約150gの軽量バッグです。UKロンドンバスで実際に使用されたタイベック製の行先案内サインを京都の鞄職人が手作業で縫い上...

2021/01/01 13:06

謹賀新年

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。2021年は、また新たな商品展開で前進してまいりたいと思います。本年もお引き立てのほど、よろしくお願い申...

2020/12/31 19:21

季節のご挨拶

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。2020年は昨日30日をもちまして、営業終了いたしました。2021年は、1月5日(火)より営業をスタートいたします。今年は新型コロナウィルスが猛威に翻弄される一年...

2020/12/29 14:00

京の手仕事市を終えて

先日、第28回 京の手仕事市 in ゼスト御池 は無事終了いたしました。 ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。以前、他のイベント会場にてお越しいただいたお客様との再会や、お客...

2020/12/24 10:23

Happy Holidays

Happy Holidaysお体に気をつけてお過ごしください。多くの幸せが訪れますように。

2020/12/24 02:24

年末年始のお知らせ

誠に勝手ながら、下記の期間を年末年始の休業とさせていただきます。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。年末年始休暇期間:2020年12月31日(木)から2021年1月4日(月...

2020/12/15 14:52

革財布のタイポグラフィ

1年前に友人が購入してくれた革財布のバスサイン部分が、いい感じに味が出てきてたのでコーティングしました。まず風合いのある部分は残しつつ剥がれて白くなっているところにやや黒を足す、少しさじ加減が必要な...

2020/12/13 16:29

古い素材を再利用するときに思うこと

もともとはバスの行き先案内表示として生まれたプロダクトが、その役目を終えて、また次の目的のため実用的なバッグとして生まれ変わります。その時代、バスサインを製造した人や場所、道具、そして実際にそのバ...

2020/12/12 20:39

UNKNOWN/ASIA 2020 ONLONE  レビュアーとして参加

UNKNOWN/ASIA 2020 ONLONE 今年もレビュアーとして参加いたしました今年はコロナ禍のオンラインということで、まず感じたこと。画期的なオンライン上での展示スタイルが素晴らしい!各アーチストごとにブー...