2019/04/11 09:24


写真は約30年程前、パリ・シャルル・ド・ゴール空港に到着したときに撮った案内サイン。




当時、デザイン会社に勤務していた頃、

社長が好んでよく使用していた書体 Frutiger(フルティガー)

今でも、好きなサンセリフ書体の一つです。


CI計画を得意としていた社長が、

「この書体は少し字間を広げて組むと雰囲気でるんだよ」

と言っていたのを思い出します。


初めて渡仏したとき、シャルル・ド・ゴール空港の港内サインは、

全てこの書体で統一されていました。


「社長から教わったフルティガーがここでも使用されている!」と当時感動しましたが、

あとで調べると、書体フルティガーは、このパリ・シャルル・ド・ゴール空港のために、

デザイナーのアドリアン・フルティガーが開発した書体だったのです。感動w


空港の建築デザインと美しく溶け合っていて、

そして、初めてのフランスで到着したばかりのフランス語の解らない私を、

上手く目的の場所へ誘導してくれました。


フルティガーが影響を受けた、ロンドン市のために開発された書体 Johnston(ジョンストン)。


書体にはその時々の背景やデザイナーの思いが込められ、

誕生していることに魅力を感じる今日この頃です。




  • Home
  • About
  • Blog